ワイプ(ネイルワイプ)

ネイルワイプ アート道具
スポンサーリンク

ワイプ(ネイルワイプ)とは

ワイプ(ネイルワイプ)とは、

英語で”wip=拭く(ふく)”という意味の単語。

 

ネイルワイプは、

ダストオフやジェルネイルブラシのクリーニング、

未硬化ジェルの拭き取りに使用します。

 

使い方はコットンと同じように、

ネイルワイプにジェルクレンザー(ジェルクリーナー)

またはエタノールを含ませて拭き取ります。

 

ネイルワイプは、コットンタイプやスポンジタイプなどの種類があります。

 

簡単!ジェルネイルブラシ(筆)のお手入れ方法!まとめ3つ
ジェルネイルブラシ(筆)はどうやってお手入れしますか?」とよく聞かれます。皆さんはどうしてますか?ジェルネイルブラシは簡単なお手入れをしっかりすることで次回使うときの塗り具合や仕上がりが全然違います。また、ブラシ(筆)の寿命もずっと長くな…

 

スポンサーリンク

ネイルワイプのメリットは?

ネイルワイプのメリットは拭き取りに優れている事。

 

一般的なコットンは毛羽立ってしまうものもあり、

ジェルを塗る前の消毒に使用すると繊維が付着してしまいます。

 

ネイルワイプはそうした繊維付着がなく、

綺麗に拭き取ることが出来ます。

 

また、スポンジタイプは吸収率が高く、

爪の凹凸面を優しくムラなく拭き取ることが出来るので時間短縮にもなります。

 

プレパレーションでネイルの仕上がりがプロ級!7つの手順
ネイルのプレパレーションとはジェルを塗る前に行う自爪の下準備のことです。消毒、自爪のツヤ取り、甘皮処理、水分と油分の除去をしていきます。このプレパレーションをしないとジェルネイルの仕上がり、ジェルの持ち、グリーンネイルのリスクが全然変わります。

 

スポンサーリンク

ネイルワイプのデメリットは?

ネイルワイプのデメリットは、ドラッグストア等のお店に置いてない事が多く、

ネイル専門店や通販で購入しなければいけない

 

しかも、

コスパが悪く、使い捨てで1個あたりが割高なのが難点。

 

消耗品なのでネイルワイプだけで全て処理するとかなりもったいないです。

 

スポンサーリンク

ネイルワイプの上手な使い方

ネイルワイプは、基本的には未硬化ジェルの拭き取りのみに使うのがおすすめです。

 

ジェルによって未硬化ジェルの拭き取りは、

ネイルワイプじゃないと、曇る場合があります。

 

曇らない場合は、コットンでも問題ありません。

 

また、爪を削ったあとのダストや消毒、

筆などの道具のお手入れは、

キッチンペーパーを使う事でコストを抑えれますよ。

 

上手に使い分けてくださいね。

 

アート道具ジェル道具必要な道具用語集
スポンサーリンク
初心者必見!プロが教えるセルフジェルネイルをフォローする
ジェルネイル人気ランキング♪
買い替え率No.1!高品質キットが魅力のシャイニージェル【SHINY GEL】

ジェルネイルが学べる!プロ仕様の高品質ネイルキット。
◎こだわりの純国産ジェル
◎セルフレベリングが高い!
◎硬化するLEDライトがプロ仕様
◎秀逸の熊野筆!
◎ジェルオフが簡単!
◎将来的にジェルを変えたり、拡張性充分!
◎プロ仕様なのにコスパ最高!
○長持ち!(約3週間)
○長さ出しOK!
○カスタマーサポート♪

マニキュア感覚で塗れるノンワイプジェル!GRANJE【グランジェ】

はじめてでも、マニキュア感覚で塗れるノンワイプジェル。
◎マニキュアの様な手軽さ。
◎サンディング不要。
◎ノンワイプだから拭き取り不要!
◎国産ジェル
○ワンカラーなどシンプルデザインにおすすめ
○マニキュアより長持ち!(約2週間)
○爪の補強に♥
○カスタマーサポート♪
△若干、割高
×本格的なジェルネイルアートをしたい方

初心者必見!プロが教えるセルフジェルネイル
タイトルとURLをコピーしました