UVライト(UVランプ)

UVライト

UVライト(UVランプ)とは

UVライト(UVランプ)とはジェルを硬化させる紫外線を利用したライトのこと。ジェルネイルが出始めた頃主流だったのがこのUVライト。硬化時間はメーカーにより異なるが大体2分〜3分程。LEDライトより硬化時間が長いが本体価格は安いものが多い。

セルフジェルネイルがめくれるのはなぜ?原因と解決策とは?!

注意!ライトは消耗品

UVライトのランプは消耗品で大体半年から1年程度で交換する必要がある。交換しないで使用すると硬化時間が長くなり、硬化不足になります。

使用頻度によりランプの寿命が大きく変わり、急に切れてしまう事もあるので交換用のランプは常備しておくことをオススメします。

知っておきたい!UVライトとLEDライトの違いは?特徴と購入時の注意点

使用するジェルを確認する!

使用するジェルがLEDライト、UVライトどちらに対応しているのか確認することが大切です。UVライト対応のジェルの場合LEDライトで照射してもジェルは硬化しません。

またUVライトの場合、使用するジェルがどのワット数で硬化するのか確認する事。

ワット数が合っていないと固まらないので必ず確認しましょう!

自宅ではジェルネイルが固まらない!知りたい4つの原因はこれ!

UVライトは日焼けする??

UVライトでの硬化は紫外線を照射するので日焼けしてしまうのでは?

と心配する方もいるのではないでしょうか。

実際にUVライトはA派という波長の紫外線です。これは生活紫外線とも言われ、普段外を歩いている時にも浴びている紫外線のこと。

なので長時間紫外線を浴びてしまうと日焼けしてしまいます

日焼けサロンで使用しているのもA派の紫外線。では日焼けサロンとジェルネイルのUVライトはなにが違うのか?

それはワット数です。

日焼けサロンのUVライトは12000ワットという紫外線量です。ジェルネイルの場合は多くて36ワット。つまり日焼けサロンの約400分の1になります。


ジェルネイルのUVライトではかなりの長時間ライトを当て続けない限り、ほぼ日焼けの心配はありません。それでも心配な場合はジェルネイル用のUVカット手袋を使用して硬化するか、LEDライトのジェルネイルに切り替えるといいでしょう。

セルフジェルネイルキットのおすすめはどれ?失敗しない!厳選3つ