トップジェル(クリアジェル)

トップジェル

ジェルネイルをはじめる時、必ず必要なジェル。

その中でも仕上がりに使うトップジェル(クリアジェル)をご存知ですか?

トップジェルとクリアジェルって一緒なんですか?

そうよ、メーカなどでも呼び方が様々でわかりにくいわね。

そうなんです。

今回はトップジェルについて解説するわ。

トップジェル(クリアジェル)とは

トップジェル(クリアジェル)とはアートなどネイルデザイン後、仕上げに塗布(とふ)するジェル。マニキュアで言うところのトップコートの役割。ネイルデザインを保ち、ツヤと透明感をアップさせます。また、ラメを混ぜたり、ラインストーンなどの接着に使用します。

メーカによってマニュキュアタイプ(ボトルでハケ付)やベースジェルと1つになったオールインワンもあります。

純国産ジェルが凄い!初心者おすすめネイルキットとは

トップジェルの必要性とは?

最後の仕上げにトップジェルを塗る事で、ネイルデザインがコーティングされ剥がれにくくなります。ホログラムやストーンなどのアートもトップジェルでしっかり埋め込むことで引っかかりにくくなり、アートが長持ちします。またジェルの強度が上がり、見た目もツヤツヤで綺麗な仕上がりになります。必ずトップジェルを塗るようにしましょう。

ムラなく綺麗!ジェルネイルのやり方動画【1色塗り編】

トップジェルとベースジェルの違い

メーカーによってトップジェル、ベースジェルと1つになったオールインワンのクリアジェルがありますが、トップジェルとベースジェルそれぞれ分かれているクリアジェルは役割が違います。

簡単に説明すると、

  • トップジェルは仕上がりのツヤと透明感をアップさせる。
  • ベースジェルはジェルネイルの定着を良くし、カラージェルによる色素沈着を防ぐ。
オールインワンではない場合は必ず両方のクリアジェルを用意しましょう。

ジェルネイルのツヤツヤが長持ちしない!キットをムダにしない方法は

トップジェルの塗り方のコツ

爪の根元やサイドラインはジェルを薄く塗るのがポイント!

厚くのせてしまうとジェルが流れてしまいその結果、ジェルが皮膚に付着して浮きの原因になります!薄く塗ることで流れず、付着しにくくなります。また、エッジ(爪の先端の断面)も忘れずに隅々まで塗りましょう。

ベースジェルに比べると若干厚めに塗ります。

ジェルが皮膚に付着したらウッドスティックでジェルを取り除き、硬化させます。皮膚についたまま硬化すると浮きの原因になり、最悪は火傷する事がありますので注意しましょう!

初心者必見!シャイニージェルを使ったネイルやり方動画!

多用途で必要なクリアジェル

クリアジェル(ベースジェル、トップジェル)は爪の塗布(とふ)以外にラメやグリッターを混ぜてラメグラデーションやラメラインを引いたり、ストーンやホログラムをつける際にのり替わりに使います。(筆者は強度があるトップジェルを使用しています。)

また、カラージェルでフレンチネイルやブロックネイルなどネイルアートのはみ出しの修正にクリアジェル(ベースジェル、トップジェルどちらでも可)を使います。

硬化前なら筆に少量付けて拭い(ぬぐい)取るように修正するとゆがんだラインを直すことが出来ます。クリアジェルが多いと修正後、カラージェルが滲んで(にじんで)しまうので注意してください。

ブロックネイルで和装ネイル!和風ネイルデザイン手順動画

未硬化ジェルの拭き取り有無の確認を!

基本的にはトップジェルは未硬化ジェルの拭き取りが必要。未硬化ジェルを拭き取る際はワイプやコットンにジェルクリーナーまたはエタノールを含ませて拭き取ります。一本一本綺麗な面で拭き取ることで曇らずツヤツヤに仕上がります。

未硬化ジェルの拭き取りで曇ってしまう原因4つと対処法

最近では未硬化ジェルの拭き取り不要のジェルも出ているので購入前に必ず確認しましょう。