苦手克服!利き手でない手でジェルを上手に塗る方法とは?

利き手でない手でジェルを塗る

セルフジェルでは初心者さんにとって最難関とも言える「利き手でない手でジェルを塗る」です。両利きの方や器用な方なら難なくクリアしてしまいますが、最初はほとんどの方が苦労されています。もちろん、反復練習は必要ですが今回は少しでも塗りやすくなるようにお伝えしたいと思います。

利き手の爪って塗りにくいです。

そうね、今回はコツを教えるわ♥
ぜひ、参考にしてみて!

なぜ利き手ではないと上手にジェルが塗れないのか?

利き手で塗る場合、目で見ている作業と頭のイメージが合っているのでほとんどの方は上手に塗る事が出来ると思います。

しかし、利き手でない手だと、いつもとは違う違和感を感じて力んでしまい、手元が震えて思い通りに筆が運べなくなります違和感を消すのは慣れしかありませんが余分な力を抜いたり、手元の震えを抑える事は意識する事で改善できます。

ムラなく綺麗!ジェルネイルのやり方動画【1色塗り編】

利き手でない手でジェルを塗るコツ5つ

では、実際に筆を持って試してみてね。

1.正しい筆の持ち方で筆を持つ

利き手でない手でジェルを塗る筆の正しい持ち方は

「人差し指と中指で優しく筆を挟み、親指は添える」

利き手でない方でも正しい持ち方を意識することで、筆の扱いがしやすくなります。鉛筆持ちでも構いませんが力が入り過ぎて震えたり上手く塗れない場合にお試し下さい

力の調整がしやすい持ち方です。

2.呼吸を整え、描くときは息を止める

細かい作業の時は、息を止める事で手先に集中でき、震え、緊張も和らぎます

絵を描くとき、ストーンをのせるときなど細かい工程の際はぜひ試してみて下さい。

プロの仕上がり!ジェルネイルブラシ(筆)は6本準備する!

3.筆を持つ手が震えないように工夫する

筆を持つ手を固定させることで安定し、綺麗に塗る事ができます

利き手側の指を塗りやすい向き、角度に動かすようにするとやり易いです。

4.常に筆先が見やすい位置でジェルを塗る

身体の正面に手を置き、必ず筆先が見える状態で塗ります

斜めから覗き込んだりして頭が傾かないように注意しましょう。

必ず正面から自分が見やすい位置に手を置き、ジェルを塗るようにしましょう。

5.片手ずつ仕上げる

両手を一気に仕上げようとすると、爪を触ってしまい失敗しやすいです。

片手ずつ確実に完成させていく方が綺麗に仕上がります。はじめのうちは「塗って→硬化」を繰り返し、1本づつ完成しても問題ありません

純国産ジェルが凄い!初心者おすすめネイルキットとは

まとめ

いかがでしたか。少しでも手の震えが押さえられて塗る位置が定まる事ではみ出しの少ない綺麗な仕上がりになると思います。また、使い終わった筆を綺麗にお手入れしておく事で刷毛ムラが出にくく塗ります。

↓あわせて読みたい

簡単!ジェルネイルブラシ(筆)のお手入れ方法!まとめ3つ