プロに学ぶ!ネイルファイル(やすり)3種類を使い分け!

ネイルファイル,やすり

どうして何種類もネイルファイル(やすり)が必要か?

それは用途によってやすりを使い分ける必要があるからです。

セルフジェルネイルでの悩みの1つがこのネイルファイル選びです。

ネイルファイルは種類が多く、

「どのタイプのネイルファイルを使ったらいいのか分からない」とよく質問されます。

ネイルファイルってイマイチわかりにくいですよね。

そうね、やすりの形や目の粗さ、材質で用途が違うわ。
わかりやすく解説していくわね♥

ネイルファイルの種類は基本は3種類!

ネイルファイルは爪の長さを整えたり、表面を磨いたり、爪より硬いジェルをオフする時など様々な使い方があります。まずはそれぞれの特徴を確認してくださいね。

ネイルファイル(やすり)に書いてあるG(グリット)数って何?

G(グリット)とはネイルファイル(やすり)の目の粗さのことです。グリット数が大きいほど目が細かく、仕上がりが滑らかになります。グリット数が小さいほど目が粗くなり、削りやすくなるので時間短縮になります。

1.爪の長さを整えるエメリーボード

エメリーボードは紙製で2mmぐらいと薄く、自爪の長さと形を整える爪用やすり。

一般的なファイルとは違い、本体の厚みが薄くて柔軟性があるので余分な力を逃がしながら削ることが出来る。自爪の長さと形を整えるもので表面に使うと爪を薄くして傷めてしまう。

グリット数は180G~240Gと種類があり、基本的には180Gがおすすめですが爪が薄い場合はグリット数が高いものを使いましょう。

2.自爪の表面を削るスポンジバッファー

スポンジバッファー(スポンジファイル)はクッション性があり、やわらかいので爪の表面全体をあたりはやわらかく同じ180Gのファイルとは全然削り具合は違います。自爪やジェル、アクリルなどの表面を滑らかにするのに使用します。

グリッドの粗いものから細かいものの順番で使い表面を整えます。グリッドが180G~280Gぐらいまであります。セルフジェルネイルのプレパレーション(下準備)で使うときは180Gのスポンジバッファーを用意しましょう。

プレパレーション(下準備)で使用するときは削るというよりも傷をつけるというイメージで使用します。削りすぎは爪を薄くしてしまうので注意してください。

プレパレーションでネイルの仕上がりがプロ級!7つの手順

3.オフの時にジェルを削るファイル

硬くてエメリーボードよりも分厚いので削り具合が良い。ジェルやスカルプチャーなど固い物を削る時に使用します。ファイルは80G~180Gぐらいまであります。ジェルオフ時のリムーバーの浸透を良くするために削るときは150Gを使用して自爪を削らないよう注意しましょう。

時短なのに爪に優しい!ジェルネイルオフセルフの4つの手順

まとめ

セルフジェルネイルで用意すべき3種類のやすりと用途
  1. エメリーボード(180G~240G)用途:自爪の長さ、形を整える
  2. スポンジバッファー(180G)用途:プレパレーション(下準備)でのサンディングに使用
  3. ファイル(150G)用途:ジェルネイルオフの際、ジェルネイルを削る時に使用

やすりは使い方を間違えると、うまく削る事ができなかったり、自爪を薄くしてしまったりと大変危険です。

この3種類のやすりを使い分け、セルフジェルネイルを楽しんで下さいね。

そのまま使わないで!新しいネイルファイルのおろし方動画

そのまま使わないで!新しいジェルネイルブラシ(筆)のおろし方