プロの仕上がり!ジェルネイルブラシ(筆)は6本準備する!

ジェルネイルブラシ

ほとんどのジェルネイルキットに1本はジェルネイルブラシ(筆)が付いていますが、「1本あれば上手にセルフでジェルネイルができるの?」、「どのジェルネイルブラシ(筆)を準備すればいいの?」とお悩みではないでしょうか。そんな疑問をお持ちのセルフネイラーさんにわかりやすく、ジェルネイルブラシについてまとめました。

キットに付いている筆だけじゃダメなんですか?

付属の筆だけでベースからトップまで仕上げるのは実はとっても面倒。
ネイルをキレイに仕上げる事もむずかしいわ!

そうなんですね。せっかくならきれいにネイルしたいです♥

そうよね、わかりやすく解説するわ。

最低限必要なジェルネイルブラシ(筆)6本!

プロのようなジェルネイルを仕上げるコツはブラシ(筆)です。ブラシは用途やデザインによって使い分ける事で、繊細で綺麗なラインアートやサイドラインの際までムラなく塗られた仕上がりが良いネイルになります。もちろん、品質の良いジェルと練習が必要ですが、質の良いブラシを妥協せずに選ぶことが上達の近道になります!

•スクエアブラシ2本(ベース&トップ用1本、ラメ用1本)

•ラウンドブラシ 1本(カラージェル用)

•フレンチブラシ 1本(カラージェル用)

•アートブラシ 2本(アート用1本、ラメ用1本)

上記で紹介したジェルネイルブラシがあれば、1色塗りやラメグラ、フレンチとほとんどのジェルネイルデザインを出来ます。

※ラメは洗浄しても筆に残りやすいのでラメ専用のブラシを用意しましょう。

こんなに種類あるんですね。

そうね、多いとおもうかもしれないけど、最低限必要な筆ね!

きれいに出来る以外にメリットはあるんですか?

あるわ!筆がコテコテニならないからお手入れが簡単よ!

簡単!ジェルネイルブラシ(筆)のお手入れ方法!まとめ3つ

知っておきたいジェルネイルブラシ(筆)の特徴

ジェルネイルブラシにはセットで安価な物から上質で高価な物まで様々。「高価=良いもの」ではなく、特徴を把握して無駄なく、必要なものを用意しましょう。

ジェルネイルブラシの毛質

  1. 動物毛…毛の硬さが柔らかくジェルをムラなく均一に塗ることができます。ベースジェルやトップジェル、カラージェルを塗るのに適しています。
  2. ナイロン毛…毛にコシがあり固め。細かいアートやラインを引くのに適しています。

毛質で使うところが違うんですね!

そうなの!この事を知っていると筆選びの参考になるはずよ♥

ジェルネイルブラシの形状

  1. スクエアブラシ…一般的な形。ベースジェルやトップジェル、カラージェルに使用します。
  2. オーバルブラシ…先端が丸くカーブした形。根元からカラージェルを塗る時に使用すると綺麗に仕上がります。
  3. フレンチブラシ…筆の先端が斜めにカットされた形。カットされた形を使い、フレンチネイルが綺麗にできます。
  4. アートブラシ…細い筆。ラインを引いたり、絵を描くときに使用します。

筆の先端の形って意味あったんですね!

上手くジェルを塗る時のコツはその筆の先端の形を使う事よ!

今夏こそ挑戦!花柄たらしこみネイルのやり方を極める動画

もっと本格的に揃えるなら

最低限必要なネイルブラシを紹介しましたが、もっと本格的に揃えるならカラージェル用のブラシ。カラージェル用のブラシは濃い色目と薄い色目で分けるとブラシのお手入れが楽になります。次にアート用の細いジェルブラシも絵を描くときは、毛の短いタイプの方が描きやすいですし、マーブルやピーコックなどのアートをする場合は少し毛の長いタイプの方が上手にアート出来ます。

やってみたいデザインなどにあわせて用意してみてくださいね!

プロのネイル用品を買うには

まとめ

いかがだったでしょうか?ジェルネイルブラシは特徴を把握して用途に合わせて筆を使い分けるだけで仕上がりが驚くほど綺麗になります。また、品質が良いいブラシは塗りやすく、長く使うことができるのでお手入れをしっかりすればコスパが良いです。ジェルネイルブラシはお手入れ後、必ずキャップをして紫外線が当たらない暗い場所で保管しましょう。

そのまま使わないで!新しいジェルネイルブラシ(筆)のおろし方