時短なのに爪に優しい!ジェルネイルオフセルフの4つの手順

ジェルネイル,オフ

セルフジェルで自爪を傷めてしまう原因の一つがオフです。無理にジェルをはがしてしまったり、間違ったやり方でオフをしてしまうと自爪を傷め、薄い爪になってしまいます。そうならないためにジェルネイルオフのセルフ方法をまとめました。しっかりマスターして大切な爪を傷めないようにしましょう。

けっこう、オフって大変ですよね~。

しっかりとしたジェルオフを覚えれば自爪を傷めず簡単に出来るわよ!

ジェルネイルオフのセルフ動画

↓まずは動画をチェック!

用意するもの

1.アセトン(オフの溶剤)

2.ファイル(150gくらいがおすすめ)

3.コットン(事前に爪のサイズにカット)

4.アルミホイル(事前に約8センチ四方にカット)

5.ウッドスティックorメタルプッシャー


6.ネイルオイル

オフは簡単?密着の高いシャイニージェルをオフした結果!

ジェルネイルオフのセルフ手順

1.ジェル表面を削る

ファイル(150gくらいがおすすめ)でジェルネイルの表面を削る。

表面を削ることでジェルリムーバー(オフ用の溶剤)の浸透をよくします

ポイント!カラージェルが少し削れるくらいまでファイリングするとオフの時間短縮に!!

プロに学ぶ!ネイルファイル(やすり)3種類を使い分け!

2.アセトンを染み込ませる

コットンにアセトンを染み込ませ、ジェルの上にのせる。

さらにアルミホイルで巻き10分から15分程放置する。

ポイント!事前に甘皮まわりにネイルオイルを塗っておくと、アセトンによる乾燥を防げます。

アルミホイルを巻いたあと、さらにネイルカバーをかぶせることでアセトンの浸透率が良くなり時間短縮に!!

3.ジェルをオフする

浮いたジェル、柔らかくなったジェルをウッドスティックで取り除く。

無理に取ると自爪を傷めるので浮いた部分、柔らかくなった部分だけオフするように。

ポイント!一回で取り除けなかったジェルはもう一度、手順2を繰り返す。絶対に無理に剥がさないこと!!

極める!3つのウッドスティックの削り方でプロの仕上がり

4.ネイルオイルで保湿

アセトンや削り粉を洗い流すか、アルコールで拭きとり綺麗にする。

ネイルオイルで爪を保湿する。

ポイント!すぐにジェルをつける場合はオイルは付けないこと。油分が残るとジェルの持ちが悪くなります。

一度なると治らない!ジェルアレルギーに注意!ならないための対処法

まとめ

ジェルを無理に剥がしてしまうことが爪を傷める一番の原因です。必ずアセトンでオフし、無理に剥がすのはやめましょう。またジェルをオフするとアセトンにより爪や甘皮まわりを乾燥させてしまいます。アセトンを浸透させる前やオフの後にネイルオイルを塗って爪を乾燥から守りましょう。

爪がボロボロ!傷んだ爪の原因、インナードライネイルって何?