ダストブラシ(ネイルブラシ)

ダストブラシ,ネイルブラシプレパレーション道具

ダストブラシとは

ダストブラシとは、

自爪を削った際に出るダスト(爪の削り粉やホコリなど)をはらうもの。

 

各メーカーからいろいろなタイプや形状の物があり、

毛質も硬い毛と柔らかい毛のタイプを使い分ける事で

ジェルを塗る前の爪のダストを確実にはらい落とすことが出来ます。

 

メーカーによってはネイルブラシと書いありますが
当サイトではダストブラシで統一します。

 

ダストブラシの種類は

ダストブラシはソフトタイプとハードタプの2種類があり、

使い分けが必要。

 

ソフトタイプ

ソフトタイプは毛先が細く、柔らかい素材。

密度の高い毛束になっているので爪や手全体(手の甲や指先)のダストを

優しく簡単に取り除くことができる。

 

ハードタプ

ハードタイプは固めのナイロンで、爪の隙間や甘皮まわりなど

入り込んだダストをかき出します。

 

ハードタイプは、甘皮のウォーターケアで使う事もできるダストブラシです。

 

ダストブラシを使う理由

ジェルネイルではダスト(爪の削り粉やホコリなど)は、

浮きやくもりの原因になるので、確実に除去する必要があります。

 

すぐにセルフのジェルネイルが剥がれる3つの原因と解決策
「えっ?!もう剥(は)がれてきてる」と1週間も経たないうちにジェルが剥がれてしまった経験はありませんか?今回は、セルフネイラーさんのためにジェルネイルが剥がれるよくある3つの原因とその解決策をまとめました。失敗しない為に参考にしてみて下さ…

 

ジェルネイル塗布する直前は…

水気厳禁。手がふやけて水気が残るのは絶対にダメ!

 

水分が侵入するとジェルネイルの持ちが悪く、

浮きやグリーンネイルの原因になります。

 

手洗いしてダストを落としても大丈夫ですが、

サッと流す程度にしましょう。

 

ダストブラシがあれば、

水を使わずにダストをはらい落とせるので、

カビなどのリスクを減らし、時間短縮にもなるので

持っておくと便利です。

 

グリーンネイルの原因と症状、処置、対処、予防まとめ7つ
セルフジェルネイルをする上で知っておきたい爪の病気であるグリーンネイル。グリーンネイルという病名は聞いたことのある方も多いと思いますが、今回はグリーンネイルの原因と症状、処置、対処、予防など詳しく解説します。

 

ダストブラシを選ぶポイント!

ネイル用のダストブラシは、

見た目が可愛いデザインのブラシや

機能的なものまで様々あります。

 

ダストブラシの選ぶポイントをまとめました。

 

  • 柄が持ちやすく、はらいやすい。
  • 毛束が多く、肌触りが良い。
  • 自立するなど毛先を傷めにくい機能的なもの。

 

見た目が可愛いダストブラシが多いですが、

使いやすさなど買う前に調べておきたいですね。

 

ネットで購入する時はレビューや口コミなど参考にしてみて下さいね。

 

プレパレーション道具必要な道具用語集
初心者必見!プロが教えるセルフジェルネイルをフォローする
ジェルネイル人気ランキング♪
買い替え率No.1!高品質キットが魅力のシャイニージェル【SHINY GEL】

ジェルネイルが学べる!プロ仕様の高品質ネイルキット。
◎こだわりの純国産ジェル
◎セルフレベリングが高い!
◎硬化するLEDライトがプロ仕様
◎秀逸の熊野筆!
◎ジェルオフが簡単!
◎将来的にジェルを変えたり、拡張性充分!
◎プロ仕様なのにコスパ最高!
○長持ち!(約3週間)
○長さ出しOK!
○カスタマーサポート♪

マニキュア感覚で塗れるノンワイプジェル!GRANJE【グランジェ】

はじめてでも、マニキュア感覚で塗れるノンワイプジェル。
◎マニキュアの様な手軽さ。
◎サンディング不要。
◎ノンワイプだから拭き取り不要!
◎国産ジェル
○ワンカラーなどシンプルデザインにおすすめ
○マニキュアより長持ち!(約2週間)
○爪の補強に♥
○カスタマーサポート♪
△若干、割高
×本格的なジェルネイルアートをしたい方

初心者必見!プロが教えるセルフジェルネイル
タイトルとURLをコピーしました